平日16:00までのご注文で 当日出荷!

電話問合せ
0
¥0

現在カート内に商品はございません。

0
¥0

現在カート内に商品はございません。

第7波?BA5の症状の特徴、ワクチンの効果は?今後の感染の推移、インフルエンザとの同時感染の懸念

梅雨が明け早くも季節は夏になり、一年の半分が過ぎました。

新型コロナウイルスの感染が拡大してから2年半が経とうとしていますが、感染拡大は止まず、今また新型コロナウイルスの新規感染者が、全国で再び増えつつあります。

その原因の一つは新型コロナウイルスの「オミクロン株」のうち、感染力がより強いとされる「BA.5」への置き換わりだと考えられております。

本日はBA.5について今判明されていることを解説していきます。

 

BA.5とは

BA.5とは、新型コロナウイルスの「オミクロン株」の亜種の一つです。

東京都では、感染者に占めるBA.5の疑いの割合が、6月20日時点で25.1%に急増しています。

 

BA.5の症状の特徴

 

いままで感染が拡大していたBA.1の主な症状は、「発熱」や「せき」「のどの痛み」などですが、

BA.5の場合、これらの症状の他に「けん怠感」を訴えるケースが最も多くなっています。

BA.1の感染者と比べると、鼻水、下痢、味覚異常、嗅覚異常の頻度が高く、

症状が続く期間もBA.1の4日間と比べ7日間と長かったという研究結果が出ております。(フランス公衆衛生局の調査)

※ただし、患者数も少なく、検査対象の選び方によっても変わってくるので、これらの症状の頻度・持続期間・無症候性感染者の割合は今後さらなるデータによって修正される可能性もあります。

上記表のような症状がみられた場合は無理はせず仕事や学校は休んで、検査を受けるようにしましょう。

 

▽抗原検査キット N【小分け箱入り 1回セット】

https://plus.fujikon-hd.com/products/detail/820
  • 新型コロナ抗原検査&インフルエンザ抗原検査キット【研究用】は、新型コロナウイルスに感染した細胞が特異的に産生する抗原を検知するイムノクロマト法を原理とする研究用検査キットです。鼻咽頭検査は唾液検査に比べ感度が高いといわれています。
    ¥3,179(税込)

 

今国内では急速なBA.5に置き換わりが起こっている

第6波の主流であったオミクロン株はBA.1と呼ばれる亜系統に分類されます。

その後、4月から5月にかけてBA.2と呼ばれる亜系統が日本国内で拡大し主流となりました。

そして現在、BA.5と呼ばれる亜系統が日本国内で拡大しています。

7月中旬時点ですでに東京都内では半分以上がBA.5による感染例と考えられています。

 

ワクチンの効果は?

 オミクロン株は「免疫逃避」の特性を持ち、「BA.1」や「BA.2」にかかっても「BA.5」に再感染するケースが増える懸念があります。

ワクチン接種による感染予防効果が弱くなるほか、再感染リスクが高まるという研究もあり、専門家は警戒を強めています。

しかしワクチンによる重症化予防については「BA5」でも同等のようで、ワクチン接種が重症化予防に効果を発揮する事が期待できます。

 

今後の感染推移予測

中国の研究チームが、BA.5などがBA.1への感染で得られた免疫を回避しやすいとの解析結果を、科学誌ネイチャーで発表しました。

BA.1は国内では2月がピークとなった「第6波」を引き起こしており、今後再感染リスクが高まる恐れがあります。

東京大などは、BA.5などの感染力は国内で主流の「BA.2」より約1.2倍強く、病原性(重症化リスク)も高い可能性があると発表しています。

新型コロナウイルスは、今後も変異体の登場と感染者数の増減を繰り返す懸念があります。

 

インフルエンザとコロナの同時流行の恐れ

 令和46月時点で、南半球のオーストラリアでインフルエンザ患者が急増しています。過去2年の間インフルエンザが流行せず免疫を持つ人が減った点、新型コロナウイルス対策が初期に比べ緩和された点が今回の流行を引き起こしている可能性があります。

オーストラリアは北半球の日本と季節が逆で、間もなく本格的な冬を迎えます。オーストラリアのインフルエンザ感染者数は例年6~9月ごろにピークを迎えますが、今年は4月末からの感染報告が増えています。

 世界保健機関(WHO)によると、同じ南半球の南米チリやウルグアイでもインフルエンザ感染者が増えているようです。

 新型コロナによる海外への渡航制限も緩和される動きがあるなか、海外への出張や夏休みの旅行を考えておられる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

もしもインフルエンザとコロナの同時に感染が流行した場合、言わずもながどちらかへのウイルスへ感染する可能性が高くなり、同時に感染してしまう事態になってしまったら、免疫力が低下している人や、糖尿病や肥満などの持病がある人は重症化リスクがより高くなります。

旅行や出張に行かれる際はこれまで以上に十分な感染対策を行いましょう。

 

▽新型コロナ抗原検査&インフルエンザ抗原検査キット【小分け箱入り 1回セット】

https://plus.fujikon-hd.com/products/detail/820
  • 新型コロナ抗原検査&インフルエンザ抗原検査キット【研究用】は、新型コロナウイルスとインフルエンザに感染した細胞が特異的に産生する抗原を検知するイムノクロマト法を原理とする研究用検査キットです。鼻咽頭検査は唾液検査に比べ感度が高いといわれています。
    ¥3,960(税込)

 

今一度基本的な感染対策の徹底を

感染を拡大させないため、基本的な感染拡大防止策(必要な場面でのマスクの着用、手洗い、三密の回避、換気)の徹底を心がけましょう。

また、3回のワクチン接種によって新型コロナへの感染予防効果・重症化予防効果を高めることができます。

オミクロン株ではワクチンによる感染予防効果が低下しており、3回接種をしていても感染する可能性があります。

ですが、3回接種している人では感染した際も排出するウイルス量は減少するとされており、周りには感染させにくくなると考えられています。

また高齢者や基礎疾患のある方は4回目の接種によってさらに重症化を防ぐことができるでしょう。

 

コロナに感染しない、感染させない為に、引き続きワクチン接種をご検討ください。

 

↓抗原検査キット一覧はこちらから↓

関連商品


ページトップへ